元会社員が未経験から3か月でWeb制作案件を受注!? Web系フリーランスになり最高月収80万円を達成した原動力とは?

元会社員が未経験から3か月でWeb制作案件を受注!? Web系フリーランスになり最高月収80万円を達成した原動力とは?

動画で内容を確認したい方はこちら!

本記事では、デイトラWeb制作コースの卒業生であり、受講開始から約3か月で初案件を受注したりょーさん(@Ryo_web_cordingに、スキル習得から案件受注に至るまでのプロセスを詳しくインタビューしてきました!

もともと会社員だったりょーさんは、フリーランスとしての働き方に憧れを持ち、未経験からデイトラでWeb制作を学ぶことを決意したそうです。

デイトラWeb制作コースでコツコツ学習し、現在では最高月収80万円を得るなど、Web系フリーランスとして活躍されています!

そんなりょーさんが短期間でWeb制作の学習をやりとげたポイントや、スキルを身につけるためのコツ、仕事をするうえで大切にしていることについてお話ししてくださいました。

本記事の内容
・Web制作スキルを身につける際のコツ
・デイトラWeb制作コースの活用方法
・Web系フリーランスとしての働き方の魅力

Web制作に興味のある方や、Web系フリーランスとしての働き方に興味がある方はぜひ最後まで読み進めてみてください!

りょーさん
【ゲストプロフィール】
りょーさん(@Ryo_web_cording
元会社員のWeb系フリーランス。未経験からデイトラWeb制作コースを受講し、約3か月で初案件を受注。その後も最大月収80万円を達成するなど活躍している。
Dave
【インタビュアープロフィール】
Dave(@JunichiHay20090
メディカルトレーナーとしても活用するWeb系フリーランス。デイトラ公式YouTubeチャンネルの運営担当として、卒業生たちの活躍やWeb制作情報などを発信している。

デイトラでWeb制作を学び始めるまでの経緯

Dave
本日りょーさんにはWeb制作に挑戦した経緯や、スキルを身につけて得られた成果について詳しく伺っていきます。
よろしくお願いします!
まずは簡単に自己紹介をお願いできますか?
りょーさん
よろしくお願いします!
デイトラWeb制作コースを受講しました。
現在はWeb系フリーランスとして、制作会社やフリーランスの方からお仕事をいただきつつ、下請けとしてコーディング業もやっています
Dave
りょーさんは現在の職につく前は、どんなお仕事をしていたのですか?
りょーさん
Webとは関係のないジャンルで、会社員として働いていました。
Dave
まったく異業種からの挑戦だったのですね。
では、Web制作を学ぼうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?
りょーさん
もともとフリーランスとしての働き方に憧れがあったからです。
あるとき「年収チャンネル」というYouTube動画を見て、会社員以外の働き方があることを初めて知りました。
それでいつかは、自分もフリーランスになりたいと思ったんです。
りょーさん
ただ、一言でフリーランスといってもさまざまな働き方があります。
私がWeb制作を選んだのは、まずは安定した収入が得られそうだったからです。
りょーさん
加えて、自分は数学が得意であり、体系立ててコツコツと作業を進めることが求められるWeb制作にも向いているのではないかと思いました。
Dave
Web制作を学ぶことを決意してからデイトラを選ばれたわけですが、その決め手はどこにありましたか?
りょーさん
やはり、ネット上での評判がよかったことですね。
「Web制作」や「ホームページ作成」というワードで検索してみると、デイトラがかなり上位に出てきたんです。
さらに受講生の方々もX(旧Twitter)でよい評判をたくさんポストしておられたので、これは自分でもいけそうだと思いました。
りょーさん
加えて、受講料が安いという点も大きな魅力でした。
当時は10万円以下で受講できましたから。
Dave
現在は内容のバージョンアップに伴って少し値上げされましたが、それでもデイトラは安いほうですよね。
デイトラを選んでくださってありがとうございます!

デイトラWeb制作コースを受講して良かった点とは?

「衣食住+デイトラ」で1日10時間以上の猛勉強

Dave
続いて、デイトラ受講中のお話に移りましょう。
受講時は、だいたい1日何時間くらい勉強していたんですか?
りょーさん
1日あたり、最低10時間は学習していました。
前職の会社では副業が許可されておらず、本格的に学習を始めたのは、会社を辞めてからだったんです。
だから、24時間をフルに使って学習を進めました。
まさに「衣食住+デイトラ」という日々でしたね
Dave
それはすごいですね!
りょーさん
朝から晩まで学習を続け、夜も眠たくなるまでずっとやり続けました。
日付の縛りも関係なく、お腹がすいてきたら食事をして、眠くなったら寝て、それ以外の時間はすべてデイトラの学習をしていた記憶があります。
りょーさん
もちろん、自分の限界をわきまえたうえでやっていましたが(笑)。
まあ、誰にでもおすすめできるやり方ではないかもしれませんね…。

問題解決力が養われ、仲間とも励まし合える環境

Dave
もちろん、学習を進めるうえでは健康管理も大事ですからね。
では、デイトラの教材のコンテンツやサポートについてはいかがでしたか?
りょーさん
ちょうどいい具合に難しかったという感じですね。
動画などで説明されてることをそのままやれば、ある程度までは進めることができますが、中にはそれだけでは解決できないレベルのものもあったんです。
でも、そこで悩んだり苦闘したりしたことが、結果的に今、現場で仕事を進めていけるだけの実力になったんだと思います。
Dave
つまり、デイトラの教材はよい意味で難しくて、それを解決していくための力が今に生きてきているということですね。
りょーさん
はい!
さらにデイトラにはコミュニティもありますので、これを上手に活用していくことで、
①自分で悩む
②調べる
③最後に聞く
というスリーステップが全て整っていたと思います。
りょーさん
受講中は孤独な戦いになりがちですが、そこで一緒に頑張る仲間や、教えてくれるメンターさんたちとつながれるのも、デイトラのよいところだと思います。
デイトラコミュニティとは?
デイトラ受講生専用の会員制コミュニティ。月額2,980円で業界の動きや営業についての想定ウェビナー・仲間との交流の場・各種イベントなど、様々なサポートが用意されている。
Dave
励まし合える仲間やメンターがいるのは、本当に心強いですよね!

Web系フリーランスとなり理想の生活を手に

受講開始から3か月で初案件を受注

Dave
初めての案件を受注したのは、学習を始めてからどれくらいのことでしたか?
りょーさん
だいたい3か月ですね。
2022年の10月から本格的に学習を始めて、12月までがっつり勉強し、1月に初案件を受注しました。
Dave
皆さん、最初の案件を取るまでにはけっこう苦労していらっしゃいますが、初案件はどうやって受注されたんですか?
りょーさん
クラウドソーシングサイトで募集していた案件に提案し、採用されました。
たしか、10ページで3,000円くらいのコーディング案件だったと思います。
Dave
それはかなり控えめな価格ですよね?
りょーさん
実は、クライアント側の提案としては5,000円~6,000円くらいだったんです。
でも、自分としてはとにかく最初の実績がほしかったので、「報酬は1円ももらわなくてもかまわない」ぐらいの気持ちで、本当に控えめな価格で提案しました。
しかも価格が安いからといって手を抜くのではなく、頑張って内容も充実させたことで、相手からも高く評価してもらえたんです。
Dave
ずっとその価格のままではちょっと大変ですが、未経験者が最初の案件を勝ち取るための戦略としてはいい作戦かもしれませんね。
では、初期の頃はどんなことを意識して仕事をしていましたか?
りょーさん
どうしたら相手から信頼してもらえるかを常に考え、実行しました。
もし自分が全く実績のない人に依頼するとしたら、「この人に頼んで本当に大丈夫だろうか」と不安になると思うんです。
だからこそ、ちゃんと勉強をしているのか、ちゃんと稼働時間を取れるのかといった相手の不安を取り除くための努力をしました。
りょーさん
具体的には、相手に自分の学習記録を提示しました。
わたしはデイトラで学習を始めたその日から毎日学習記録をつけており、それをXに投稿していたんです。
そのように、毎日学習している証拠となるものを提案文に貼り付けることで、相手にも信頼してもらえたと思います。
Dave
なるほど!
そうして毎日コツコツ頑張っている人であれば、たとえ未経験でも信頼できますからね。
りょーさん
また、営業を始めたばかりのころは何かと手探り状態だったので、デイトラコミュニティを積極的に活用し、疑問を解決していきました。
分からないことはどんどん聞いたり相談したりすることができましたし、同じように頑張っている仲間たちの姿が心の支えにもなりました。
Dave
最初のうちは、せっかく案件をもらっても、なかなか継続してもらえないといった悩みもよく耳にします。
りょーさんは継続して案件をもらうために、どのようなことを心がけておられますか?
りょーさん
レスポンスをすぐに返したり、相手が面倒くさいと思うであろうことを自分が積極的に巻き取るといった行動を心掛けています。
フリーランスの強みは柔軟に動けることだと思いますから。
りょーさん
具体的には、クライアントから修正指示が来たら、基本的に当日または翌日までには直して提出するようにしています。
さらに、相手が急いでいるときにも対応できるように、普段からリソースを確保しているんです。
こうした相手への小さな気遣いは、フリーランスに限らず、どんな仕事でも大事だと思います。

フリーランスとして独立し、最大月収80万円を達成

Dave
現在りょーさんはフリーランスとして独立していますが、収入はどのくらいになりましたか?
りょーさん
多少の波はありますが、現在の月収は会社員時代の約1.5倍になりました。中には月80万円を超えた月もあったんですよ。
りょーさん
もっとも、常にフルパワーで稼働すれば月収を2倍、3倍にすることも可能ですが、そういう働き方では長続きしないと思うんです。
ですから、ときには遊びにも行きますし、収入に直結しないような学習や新たなコンテンツの仕込みに時間を当てることもあります。
Dave
確かに、収入だけを追い求めるのではなく、そのようなバランスの取れた働き方をすることが、フリーランスとして長く活躍していくうえでは重要ですよね。
では、Web系フリーランスとなったことで、働き方やライフスタイルにはどんな変化がありましたか?
りょーさん
なによりも、毎日の生活の中からムダな時間を減らすことができたと思います。
会社員時代には、朝起きて、スーツを着て、電車に乗って通勤するといった時間がどうしても毎日2時間くらいは必要でした。
でも正直言って、そうした時間がずっとムダだと感じていたんです。
りょーさん
でも今では、そのような時間をすべて自分のために使えるようになりました。
さらに、仕事でがんばったら、その分すべてが自分に返ってくるので、毎日がとても楽しいです!

Dave
本当にそのとおりですね!
時間を有効活用できるのは、フリーランスの大きなメリットの1つですから。

さいごに:プロからの直接指導で結果を出せるのが『Web制作コース』

Dave
では、今後の目標や将来の理想の働き方について教えてください。
りょーさん
目指しているのは、「究極に自由なフリーランス」です。
具体的には、将来的に営業が得意な方と個人的につながり、お客さんが本当に必要としていて、金額的にも合っているシステムを提案できるコーダーになりたいと思っています。
Dave
では最後に、現在Web制作に興味があったり、受講を検討しておられる方へのメッセージをお願いします。
りょーさん
ありきたりすぎるかもしれませんが、大事なのは、諦めずにやり続けることだと思います。
人生は1回きりなので、後悔しないように、自分がやりたいことを一生懸命やり抜いていただきたいですね!
Dave
本日はありがとうございました。

【PR】未経験からWeb制作を学ぶなら「デイトラ」がおすすめ!

当メディアを運営する株式会社デイトラでは、未経験でも楽しく学べるオンラインスクール“デイトラ”を開講しており、2023年7月現在で全16種類のコースがあります!

デイトラWeb制作コースは本記事で登場したりょーさんも受講しており、Web制作やデザインに関する基本や応用知識はもちろん、「ビジネスの場」で使える実践的なスキルや案件受注のための考え方や提案方法も学べます。

↑デイトラのメンターは全員現役で活躍するエンジニア・デザイナーのプロフェッショナル

デイトラで教えるのは「単なるツールの使い方」や「知識の概要」だけではありません。実際のビジネス現場で使えるような実践的なスキルや案件受注のための提案方法も学べます。

これからWeb制作者としてスキルを身に付けたい方は、ぜひデイトラのWeb制作コースを受講してみてください!

【Webスキル診断】“一生使えるスキル”を60秒で診断しよう!

CTA-IMAGE 「フリーランスになりたいけど、どんなスキルを身につければいいかわからない」という悩みを解決すべく、東京フリーランスでは【Webスキル診断】をLINEで無料実施中です! Web制作・Webデザイン・アプリ開発・動画編集など「自分に合った理想の働き方は何か」を見極めていただけます。

デイトラ卒業生の実績カテゴリの最新記事