ドローン資格を取得後“3ヶ月間”で56万円の仕事を受注した現役ドローンパイロットに「ドローン業界の将来性や仕事内容」について聞いてきた!

ドローン資格を取得後“3ヶ月間”で56万円の仕事を受注した現役ドローンパイロットに「ドローン業界の将来性や仕事内容」について聞いてきた!

現在、右肩上がりに成長を続けているドローン業界。年々ドローンを活用した新たなビジネスが模索されており、今後はドローンパイロットの需要がより広がっていくと言われています。

さらに、今までドローンに関わる免許・資格は民間資格のみでしたが、2022年から国が認証するドローンの免許制度が始まることが決定し、国がドローン事業を推進する動きも見られています。

とはいっても「ドローン業界は将来性があると言われているけどそれは本当なの?」ドローンパイロットとして仕事をしていくことは可能なのかな?」と疑問に思っている方は多いはず。

そこで本記事では、デイトラドローンコースのマネージャーを務める藤本さん(@drone_fujimoto)にドローン業界の将来性やドローンパイロットの仕事について詳しく伺ってきました!

本記事の内容
・ドローン業界の将来性について
・ドローンパイロットの仕事内容や単価について
・フリーランスのドローンパイロットに必要なスキルについて

彼は、ドローン資格取得後3ヶ月間で56万円分の仕事を受注した現役ドローンパイロットでもあります。そんな彼が、ドローンパイロットとして市場価値を上げる方法や具体的な仕事内容までお話ししてくださいました。

「ドローンに興味はあるけど本当に仕事になるのかな…?」「ドローンパイロットはどんな分野で活躍できるんだろう?」と疑問に思っていた方は、ぜひ最後までご覧ください!

藤本さん
【ゲストプロフィール】
藤本さん(@drone_fujimoto)
現役ドローンパイロット兼デイトラドローンコースマネージャー。デイトラへの学生インターンをきっかけに、ドローン資格を取得しドローンパイロットへ。現在は大学に通いながらドローンパイロットとして実務も行なっている。今までに撮影したドローン空撮の本数は合計1,000本以上。
初芝
【インタビュアープロフィール】
初芝賢(@hatushiba_ken
当メディア「東京フリーランス」の編集長。それ以外にも、マーケティング戦略の立案から広告運用のディレクション、LPOなどマーケティング業務全般を行っている。

現役ドローンパイロットに聞く「ドローンの将来性や仕事」について

初芝
では、藤本さんの自己紹介からお願いします!
藤本さん
はい!
現在は大学に通いながら、デイトラドローンコースのマネージャー兼ドローンパイロットとして活動しており、広告関連や売上などデイトラの事業にも一部携わらせていただいています。
初芝
現役大学生ながらドローンパイロットとしても活躍されていてすごいですよね!
まずは、藤本さんがドローンパイロットになったきっかけから順番に教えていただけますか?
藤本さん
僕は大学に入ってからプログラミングを学びエンジニアとして働いていたんですが、経営に関することを詳しく学びたかったのでデイトラのインターンに応募をしたんです。
そこで、デイトラのショーヘーさん(@showheyohtaki)から「藤本さんにはドローン事業を任せます。」というお話をいただき、ドローンについて学ぶことになりました!
藤本さん
ただ、当時は「ドローンって本当に仕事になるの…?」って思ったのが正直な感想でした。
というのも、趣味でドローンを飛ばしている人が多いと思っていたので、ドローンを使って仕事をしていくイメージが全然湧かなかったんですよね…。
初芝
たしかに、ドローンを活用した仕事をしている人はまだまだ少ないので、藤本さんと同じように「本当にドローン操縦士として働けるのか」という疑問を持っている人はたくさんいらっしゃると思います。
藤本さん
そうですよね。
ただ、デイトラドローンコースの事業に携わるようになったり、ドローンパイロットの資格を取って仕事をこなしていく中で、ドローンにはたくさんの魅力や将来性があることが分かったんです!

ドローンの求人数は1年間で約1.5倍に増えている!?

初芝
藤本さんの中でドローンに対するイメージが変わったんですね!
ドローンのどんなところに魅力や可能性を感じたんでしょうか?
藤本さん
まず、ドローン業界の成長スピードに可能性を感じました!
ドローンの市場規模は2016年からずっと右肩上がりに成長を続けていて、2025年には6,500億規模の市場になると予測されているんです。

藤本さん
ちなみにこの数字は、漫画大国である日本のコミック市場とほぼ同じ規模です。
それだけドローン業界の将来性にはかなり期待できると思っています!
藤本さん
僕がドローンパイロットとして活動していく中で、ドローンの機体自体ものすごいスピードで進化していることが分かるので「こんなにも速く研究や改善がされているんだな」って驚いています!
初芝
ドローンを身近に使っていると成長スピードを肌で感じられますよね!
数年後には今以上にもっとたくさんの場所でドローンが使われるようになりそうです。
藤本さん
そうですね!
実際に経済産業省は「空の産業革命に向けたロードマップ」というガイドラインを作成していますが、これは国がドローン業界を成長産業の一つとして位置付けている証拠でもあるんですよね。
藤本さん
今までドローンは民間資格しかなかったんですが、2022年からはドローン操縦士免許が国家資格になりますし、より仕事として活用される機会が増えていくはずです。
初芝
そうですね!
国家試験が導入されるとさらにドローン事業は拡大していくと思います。
ということは、ドローンパイロットの求人も増えているんでしょうか?
藤本さん
ドローンの求人数は、1年前と比べてかなり伸びています!
例えば、求人サイトで「ドローン」に絞って調べたところ、昨年のほぼ同時期は6,000件くらいだったのに対して、現在(2022年6月)では約9,600件の求人がヒットするようになったんです。

参考:求人ボックス ※上記の画像は2022年6月時点の検索結果。

初芝
えっ9,600件も求人があるんですか!
たった1年間で求人数が1.5倍にも伸びているんですね!
藤本さん
はい、全体としては正社員求人が多いですが、アルバイト・パートや業務委託での募集も増えてきているので、フリーランスの方でもドローンを活用した仕事に取り組みやすくなっていると思います。

ドローンは既にあらゆる分野で活用され始めている!

初芝
では、実際にドローンはどんな業界で使われているんでしょうか?
藤本さん
ドローンといえば、多くの方が自然豊かな場所で風景を撮影する「空撮」のイメージを持っていると思うんですが、それ以外にも調査・点検業務や、測量、農業、災害対応などかなり幅広く活用されています。

藤本さん
また、業界全体ではドローンを使った「配送」が今1番期待されているんです。
配送業務でドローンを使えるようになると、離島など交通インフラが十分に整っていない場所への配送が容易になったり、交通渋滞の影響を受けずスピーディーな配達ができるようになったりします。
初芝
なるほど!
ドローン配送が可能になれば、運送業の人手不足解消などにも貢献できそうですね。
藤本さん
そうですね、ドローンを使うメリットの大きい分野では積極的に使われ始めています。
例えば、屋根上の点検業務にドローンを活用すれば、人が屋根に登る必要がないので安全面に考慮してハシゴをかけることも無くなりますし、屋根を壊してしまうリスクもありません。
藤本さん
ほかにも土木や建築現場での測量業務では、測量士が人力で測量するよりも大幅に時間を削減できるため、ドローンによる測量を採用するケースも増えていきているようです。
初芝
業種によっては、安全面や時間的なコストを考えるとドローンを活用するメリットが大きいんですね。

・ドローンの市場規模は2016年から右肩上がりに成長を続けている。
・ドローンは空撮や点検業務、測量、農業、災害対応など幅広く活用されている。

フリーランスのドローンパイロットはどんな仕事が多い?

初芝
ドローンはかなり幅広い分野で使われていると思いですが、実際にフリーランスのドローンパイロットとして案件を受注するとしたらどんなお仕事が多いのでしょうか?
藤本さん
フリーランスとして仕事を受注する場合、点検系と空撮に関する仕事が多いです!
僕もドローン資格取得後3ヶ月で56万円ほどのお仕事をいただけたんですが、完全未経験の状態から初めて受注したのはインターンで経験した屋根の点検業務でした。
初芝
なるほど!
仕事内容や単価感についてそれぞれ教えてください。

企業からの空撮依頼はプロモーション動画の撮影が多い!

藤本さん
空撮のお仕事は個人や企業問わずご依頼をいただくのですが、企業から依頼を受ける場合は何らかのサービスや商品、場所などのPRに使うプロモーション動画を撮影することが多いです。
藤本さん
例えば、不動産屋やホテル、旅館、観光地などのプロモーション動画もあれば、イベントの見どころを撮影したり、ドローン自体のPRとして空撮映像を撮ったりすることもあります!

初芝
へぇ!面白い!
観光産業や不動産業は地方でもドローンの需要が生まれそうですよね!
PR動画は撮影工程が大変そうですが、実際の現場はどんな感じなんでしょうか?
藤本さん
基本的には、クライアントの「こういうカットが欲しい」という要望や指示に沿って撮影をします!
ドローン映像は、あくまでPR動画内のワンシーンとして使うケースがほとんどなので、僕たちドローンパイロットが動画の構成全体を練ったり、撮り方をゼロから考えたりすることはほとんどないと思います。
藤本さん
あと個人の方からご依頼をいただく場合、仕事内容はかなり幅広いですね。
例えば僕の場合、サーフィンをしている風景を海から撮って欲しいというご依頼や、カメラマンの方に「通常の写真に加えて、空撮写真も欲しいから手伝ってほしい」と依頼を受けた経験があります!


藤本さんが撮影したドローン空撮の映像。

初芝
最近ではブライダル撮影など個人の空撮依頼も増えてきているみたいですよね!
ちなみに、空撮費用はどれくらいで受注できるのでしょうか?
藤本さん
業務範囲によって異なりますが、PR動画を撮影する場合の受注単価は10万円前後、個人から受ける場合は2万円〜5万円くらいが多いのではないかと思います。
あと空撮においては、ドローンがどこかへぶつからないようにチェックする撮影補助者としての役割もあって、その場合の単価は1件あたり1.5万円くらいが多いと聞きます!
藤本さん
PR動画の撮影はドローンのほかに大きな機材の用意が必要となるケースが多く、中には50万円ほどで受注しているドローン業者もいるので、受注単価はあくまで目安となります。

・企業からの空撮依頼はサービスや商品、場所などのPR動画が多い。
・空撮の単価は、企業が1件あたり10万円前後、個人は2万円〜5万円ほど。
・撮影補助者として参加するなら1件あたり1.5万円くらいが目安。

人に代わってドローンを飛ばす「点検業務」にも需要がある!

初芝
では次に、ドローンを使った点検業務の仕事内容について教えてください!
藤本さん
点検業務と言ってもたくさんあるんですが、例えば道路や高層ビルの壁面、建築物の設備といった、人間が直接確認できないような高い場所や危険な場所のへドローンを飛ばすことが多いです。
藤本さん
僕は屋根点検を経験したことがあるのですが、職人さんから「この辺りを映してください」と指示を受けその箇所までドローンを飛ばして撮影する、というのが大まかな点検業務の流れです。
藤本さん
ドローンパイロットは点検に関する知識を持っているわけではないですし、基本的に企業の点検業務を担当している方と一緒に現場へ出向くため「点検のサポートをする」というイメージに近いですね。
初芝
なるほど、ドローンが必要ときにスポットで依頼をされるイメージなんですね。
点検業務の受注単価は大体いくらくらいなんでしょうか?
藤本さん
点検業務の相場は1万円〜1.5万円くらい、僕が経験したことのある屋根点検の相場は1万円〜5万円でした。
点検にかかる時間は、準備時間をのぞいて大体15分くらいで終わることが多いと思います。

・点検業務では、道路や高層ビルの壁面、建築物、屋根などへドローンを飛ばす。
・点検業務の受注単価は1件あたり1万円〜1.5万円くらいが目安。

▶︎当メディアではデイトラドローンコース卒業生5名を交えて、藤本さんへドローン資格後の仕事について伺っています。その詳細はこちらから!

ドローンパイロットは完全未経験から始められるの?

初芝
藤本さんは完全未経験からドローン資格を取ってお仕事をされていますが、資格取得後からすぐにフリーランスのドローンパイロットとして働けるようになるんでしょうか?
藤本さん
そうですね。
資格取得ができた時点で、働けるだけの知識や技術は身についているはずです。
実際にデイトラドローンコースでは、受講生3人がドローン資格取得後の100日間でどれくらい稼げるかという「100日間チャレンジ」企画を行っているんですが、残り1ヶ月を残して全員が仕事を受注できています。

個人で案件を受注するなら「営業力」が必要不可欠!

藤本さん
ただ、フリーランスのドローンパイロットとして仕事をするなら操縦技術だけでなく、自分で仕事を受注するための「営業力」がかなり必要になってきます。
藤本さん
というのもドローンは練習さえすれば誰でも操縦できるようになるので、スキルだけで圧倒的な差を付けるのは難しいんです。
なので、ドローン技術を突き詰めたからといって必ずしも高単価の仕事に繋がるとは限りません。
初芝
なるほど…。
どのスキルにも共通しますが「スキルを身につけること」と「仕事を受注していくこと」は別ですよね。
では、実際にドローンパイロットとして仕事をしていくためにはどうすればいいんでしょうか?
藤本さん
どの業界も同じだとは思いますが、まずはポートフォリオをきちんと作ることです。
ドローン操縦の中では空撮の難易度が1番高いので、空撮技術をきちんと証明できるようなポートフォリオ動画を用意しておけば、点検業務などの案件もしっかり受注できるようになります。

ポートフォリオとは?
自分のスキルや経歴、能力などを相手に伝えるための作品集のこと。ドローンパイロットの場合、ドローンを使って撮影した映像が該当する。

初芝
空撮動画のポートフォリオが大切なんですね!
ちなみに、藤本さんはどうなところへ営業をしていたんですか?
藤本さん
僕は最初、点検会社や塗装会社さんへ直接提案のメッセージを送っていました。
求人で募集がされていなくても「実はドローンを使いたかった」という企業さんが多いのでチャンスがありますし、デイトラドローンコース受講生さんの中にも工務店に営業をしている方がいらっしゃいます。

ドローンスキルと自分の強みを掛け合わせて仕事にできる!?

藤本さん
あと、ドローン操縦者は「ドローン×何かのスキル」で仕事ができると活動の幅が広がります!
例えば、動画編集のスキルを持っている方であれば、空撮をしたあとにその動画を編集して1本の作品に仕上げられますし、ライターの方であればドローン系のメディアの執筆にスキルを活かせます。
藤本さん
Web制作のスキルがあれば、クライアントから「ホームページ上にドローン空撮の映像を載せたい」という要望があった場合、サイト制作とドローン空撮の仕事を同時に受注することも可能です。
初芝
仰る通り、ドローンと何かのスキルを掛け合わせた仕事の需要は多いと思います。
ドローンを活用すれば、元々持っていたスキルの価値もより高まりますよね。
藤本さん
そうですね!
今すでに動画編集スキルやライティングスキルなどを持っている方であれば、募集の段階で「〇〇も一緒に受けられますよ!」とアピールできるので受注にも繋がりやすいと思います!
藤本さん
それに、ドローンのスキルと他分野の掛け合わせは単価も跳ね上がりやすいです。
動画編集者を例に挙げると、普通の編集業務での単価は1本5千円〜1万円くらいが相場ですが、ドローンの空撮+動画編集をまとめて請け負った場合は10万円〜30万円くらいで受注できるケースが多いみたいです。
初芝
えぇっ!そんなに単価感が変わるんですか!
それだけ「ドローン+α」のスキルがある人材は市場価値が高いということですね。
藤本さん
そうですね。
もし自分にスキルがなくても、スキルを持っている人とチームで動けば問題ありません。
実際に、僕もカメラマンの方とチームでお仕事をすることが多いんですが、カメラマンにとってもドローンパイロットと組めば仕事の幅が広げられるので双方にメリットがあるんです!
藤本さん
例えば、デイトラドローンコース受講生のsho-jiさん(@ringo25creator)も、フリーランスのカメラマンの方と組んでいて、彼自身は「空撮担当」としてお仕事を受注されています!

初芝
おぉすごい!
フリーランスであればチームを組んでお仕事をする選択肢もありますね。

・フリーランスのドローンパイロットとして仕事をするなら「営業力」が必要!
・「ドローン+α」のスキルがあると市場価値を上げられる。
・カメラマンや動画編集者とチームを組んで案件を受注する方法もある。

ドローンパイロットを目指すならまずは資格取得から!

初芝
ここまでドローンパイロットのお仕事についてかなりお伺いできたと思います!
では、完全未経験からドローンパイロットを目指すならまずは何をすればいいでしょうか?
藤本さん
まずはドローンの資格取得をすることが第一優先です!
現状はドローン資格がなくても飛行自体は可能ですが、ドローンパイロットとして仕事をするのであれば、飛行技術や知識を学ぶためにも資格が必要不可欠といっても過言ではないです。

ドローンパイロットになるためには何が必要?
ドローンパイロットは、国土交通省の認証である「包括飛行許可申請」を受ける義務があります。その申請に必要な手続きを簡略化できる資格が「UAS Level2技能認証カード」と「10時間飛行履歴証明書」。デイトラドローンコースでは、学科試験と実技試験の試験対策を含めた実践的なカリキュラムを用意しています。

藤本さん
ドローンパイロットに必要なスキルを身につけたあとは、ポートフォリオ用の映像を作って積極的に営業活動をしながら、どんどん実案件を経験していけるとベストですね。

デイトラドローンコースなら実務で使うスキルやノウハウまで学べる!

藤本さん
ただ、ドローン業界自体まだ新しいので仕事に関する情報がネット上にはほとんどありません。
そのため、完全未経験からドローン資格を取得した方は、資格取得後にどうやって仕事をとっていけばいいのか、そもそもどんな仕事があるのかといった悩みに直面することが多いと思います。
初芝
確かにそうですよね。
Web制作やWebデザインなどフリーランス人口が多いスキルに関しては、少し調べただけでも学習ロードマップがたくさん出てきますが、ドローンに関しては参考にできる指標が全然ないですね…。
藤本さん
そうなんです…。
なので、デイトラドローンコースでは資格取得を目指したカリキュラムに加えて、ドローンパイロットとして仕事をしていくために必要な営業方法や業務に関する知識までお伝えしています!

 

藤本さん
通常のドローンスクールでは資格取得がゴールであるのに対して、デイトラは資格を取得をしたあと実際に仕事をしていくためのサポートまで行なっていることが他社との違いであり強みです。
藤本さん
具体的には、どのプラットフォームで営業をするのか、どのように営業をすれば案件受注に繋がりやすいのかといった、超実践向けかつ再現性のある内容となっています!

デイトラコミュニティではドローンの最新情報が日々共有されている!

藤本さん
それに、デイトラドローンコースではSlackというチャットツールで情報共有ができるのですが、そのコミュニティ内では受講生同士で毎日のようにドローンの情報を共有しあっています。
藤本さん
例えば「〇〇の場所なら撮影できたよ!」とか「〇〇で営業するのおすすめ!」といった濃い情報に触れられたり、すぐに誰かに相談できたりする環境があるので心強いと思います!

初芝
そうですね!
現役ドローンパイロットと繋がって情報を共有しあえる環境はかなり貴重だと思います!
藤本さん
僕はコースマネージャーという立場ではありますが、受講生さんが共有してくださった情報を参考にすることもありますし、反対に僕が新しく学んだ情報はコミュニティでどんどん共有しています!

・デイトラでは、ドローンパイロットに必要な営業方法や業務に関する知識も学べる!
・ドローンの情報を共有しあえるコミュニティがあれば心強い!

さいごに:ドローンの仕事は好奇心旺盛な方にぴったり!

初芝
では最後に、ドローンパイロットに向いているのはどんな方だと思われますか?
藤本さん
そうですね、好奇心の強い人にはおすすめです。
ドローン業界はまだ発展途上にあるので、最先端テクノロジーに興味があるとか、将来性のある業界でポジションをとっていきたいという好奇心旺盛な方は楽しめる業界だと思います!
藤本さん
一方でドローンパイロットとして飛行するなら、安全第一で無理のある飛行をしないという意味で繊細な方が特に向いていると感じます。
実際、心配性なドローンパイロットの知り合いはドローンを1回も落としたことがないそうです。
初芝
なるほど、そういった側面もあるんですね。
ドローンは屋外で使うのでアクティブな方にも向いていそうです!
藤本さん
そうですね!
空撮では普段訪れない自然スポットに行って撮影することも多いので、旅行好きや自然が好きなアクティブな人は楽しみながら仕事ができると思います!
藤本さん
ドローン業界のピークは2025年と言われていて、それまでにあと数年あるので、ドローンに興味のある方や早めに業界へ参入しておきたい方は、ぜひデイトラドローンコースを受講していただきたいです!
初芝
ドローン業界の成長がこれから楽しみですね!
藤本さん、本日はありがとうございました!
藤本さん
ありがとうございました!

【PR】未経験からドローンパイロットを目指すなら「デイトラ」がおすすめ

東京フリーランスでは、未経験でも楽しく学べるオンラインスクール”デイトラ”を運営しています!

デイトラドローンコースは、商用パイロット資格を取るために必要な航空法や電波法などのドローンに関する知識から、操縦技術まで体系的に学習できます。

さらにデイトラドローンコースでは、3ヶ月間無料で小型の軽量ドローンを”3台”貸し出しており、飛行の実技を自宅で練習可能です。完全オンラインで「座学から実技の試験対策まで含んだ実践的なカリキュラム」を受講できるので、わざわざ遠方のスクールに通う必要はありません!

これからドローンの資格を取得したいとお考えの方は、ぜひデイトラドローンコースを受講してみてください!

受講を迷われている方は今の内にお申し込みください!

【Webスキル診断】“一生使えるスキル”を60秒で診断しよう!

CTA-IMAGE 「フリーランスになりたいけど、どんなスキルを身につければいいかわからない」という悩みを解決すべく、東京フリーランスでは【Webスキル診断】をLINEで無料実施中です! Web制作・Webデザイン・アプリ開発・動画編集など「自分に合った理想の働き方は何か」を見極めていただけます。

ドローンカテゴリの最新記事