ドローンが仕事になる!?商用パイロット資格を取得するまでの過程や案件受注のコツを現役ドローンパイロット3名から聞いてきた!

ドローンが仕事になる!?商用パイロット資格を取得するまでの過程や案件受注のコツを現役ドローンパイロット3名から聞いてきた!

未経験からいきなりドローンパイロットになれるのかなぁ…?
ドローン資格を取っても仕事にしていくまでのイメージが付かないよ…。
ドローンパイロットはどうやって案件を受注していくの…?

こんな悩みを持つ方に向けて、今回はデイトラドローンコースの卒業生3名をお呼びし、デイトラを選んだ理由や受講後の働き方、学習を継続するためのコツについてを「座談会」という形でお伝えします!

デイトラ受講後、ドローンパイロットとして独立したり、副業で活動したりと現場の最前線で活躍している有志の方からリアルな体験談を詳しく伺ってきましたので、ぜひ最後までご覧ください!

▶︎ドローンコース座談会の動画はこちらからご覧いただけます!

本記事の内容
・ドローン資格を取得しようと思ったきっかけ
・ドローン案件の受注においてどんな点が評価されたのか
・未経験からどんな流れで案件受注に至ったのか
ショーヘー
【司会進行役】
ショーヘー(@showheyohtaki)
株式会社デイトラ代表取締役。大手で営業職→1年で退社→未経験でIT系に転職→2年修行→フリーランスエンジニアに。デイトラアプリの開発、Web制作コースの作成を行っている。ドローンの商用資格保持者。

ドローンパイロットを目指したきっかけは?

ショーヘー
今回はデイトラドローンコースを卒業したみなさんに、学習中のお話や現在の活動状況を詳しく聞かせていただきます!
早速ですが、ドローンパイロットを目指そうと思ったきっかけから順番に教えてください。
まず、じぇりどさんからお願いできますか?
じぇりどさん
きっかけは、デイトラWebデザインコースを受講している妻から「デイトラでドローンコースが始まるらしいよ。」と聞いたことです!
ちょうど副業を始めていきたいと思っていたことと、僕はミニ四駆の世代でラジコン操作の感覚がすごく好きだったので「ドローンを仕事にできるならやってみたい」と興味を持つようになりました!

じぇりどさん(@jerid_works)
エンジニア兼コンサルタントをしながら、副業でドローンパイロットとして活動中。本業の傍らデイトラドローンコースを受講し、2021年12月に商用パイロット資格を取得。現在はドローンパイロットとして、点検や空撮業務などを中心に受注している。近々、独立予定。

じぇりどさん
とはいってもドローンパイロットはまだあまりメジャーな職業ではないので詳しく調べてみたところ、ドローン市場がかなり早いスピードで成長していることや、ドローンパイロットとしてたくさんの仕事があることを知って「今のうちに参入しておこう!」とデイトラを受講することに決めたんです!

ドローンは2025年に6,500億規模の市場になると予測されている。

ショーヘー
きっかけは奥さまだったんですね!
ドローンは国家資格を導入することが発表されたり、航空法が改正されたりするようなので、じぇりどさんの仰る通り今後はドローンを使ったビジネスがより活発化することが予想できますね!
せりぽよさん
私は、自分の持つWebスキルとドローンを掛け合わせることに興味を持ったのがきっかけです!
というのも、元々フリーランスでライターやWeb制作、動画編集などを幅広くやっていたので「ドローンを使って自分で空撮写真が撮れたら今の仕事に良い影響がありそう!」と思ったんです。

せりぽよさん(@seri_nonnon)
フリーランスのドローンパイロット。フリーランスでライターや動画編集、Web制作等の経験を持つ。現在はデイトラドローンコースのメンターも務めながら、点検や空撮業務を主に受注している。

せりぽよさん
例えば、旅館やホテルなどのサイト制作を請け負う際に、ドローンで撮影した写真をWebサイトのファーストビューに入れる提案が新たにできるようになったら自分の強みになるなと感じました。
ショーヘー
なるほど!元々持っていたスキルの強化に繋がると感じられたんですね!
たしかに、クライアントから「ホームページ上にドローン空撮の映像を載せたい」という要望があった場合に、サイト制作とドローン空撮の仕事を同時に受注することも可能になりますね!
せりぽよさん
そうですね!
あと建築業をやっている父親からも「ドローン良いじゃん!」と勧められたんです。
父親は火災保険の関係で自分で屋根に登って点検していたようなんですが、年齢的にもリスクがあるので「ドローンを飛ばせるようになったら点検業務をやって欲しい」という話になって…!
せりぽよさん
ドローンは空撮のイメージが強かったんですが、父親の話を聞いて「ドローンって点検業務もあるんだ、思っていたより仕事の幅が広いな」と感じてやってみることに決めました!
ショーヘー
お父さまの後押しもあったんですね!
せりぽよさんの仰る通り、まさに建築業界でもドローンが使われ始めています。
人間が直接確認するのが大変な高い場所や危険な場所でも、ドローンが1台あれば人件費も安全面も考慮しながら点検できるので、建築や測量など色んな現場で需要が増えていますね。

sho-jiさん
僕がドローンパイロットを目指したきっかけは、NHKで放送されていたドローンのドキュメント番組を見たことでした。
その番組で幅広い年代の方が色んな種類のドローンを飛ばしているのを見て「面白そう!自分にもできるならやってみたい」と興味を持つようになったんです。

sho-jiさん(@ringo25creator)
会社勤めをしながら副業でドローンパイロットとして活動中。2022年1月からデイトラドローンコースを受講し5月に空撮の初案件を受注。2022年8月時点で合計20万円の仕事をドローンで受注している。

sho-jiさん
調べてみると、ドローンを副業にしている方もいることが分かったので、会社勤めをしながらドローンパイロットに挑戦してみることに決めました!

デイトラ受講を選んだ理由はコスパの良さ!?

ショーヘー
では、みなさんがドローン資格を取得するにあたってデイトラを選んでくださった理由があれば教えていただけますか?
じぇりどさん
僕がデイトラを選んだ理由は、他社と比べて価格が圧倒的に安いことでした!
他のスクールは安くても20万円以上だったので僕にとっては少しハードルが高かったです。
sho-jiさん
僕も同じく、良心的な価格に惹かれました!
あとデイトラなら実技練習に必要なドローンを3ヶ月無料でレンタルできるので、練習のためだけにドローンを買う必要がありませんし、受講後すぐに練習が始められてありがたかったです!

デイトラドローンコースでは3ヶ月間無料で小型の軽量ドローンを”3台”貸し出しているため、飛行の実技を自宅で練習できます。

せりぽよさん
私もやっぱり価格が決め手でしたね。
そもそも20〜30万円のドローンスクールに通ったとしても、仕事が受注できなくてスクール費用の元が取れなければ受講した意味がないので、それならまずはデイトラで学んでみようと思いました。
ショーヘー
ありがとうございます!
デイトラは資格取得にかかる初期費用を抑えられるようなサポート体制を整えています!
実際にみなさんがそれをきっかけに挑戦してくださったようで嬉しいですね。
じぇりどさん
あと、僕は本業があるので完全オンラインで受講できることも魅力でした!
指定の教室に通わないといけない場合は学習が続かない可能性もありますし、受講するハードルが一気に上がってしまうので…。
じぇりどさん
その点、オンライン完結のデイトラは自分のライフスタイルに合わせて学習できるので、仕事終わりや隙間時間、休日などを使ってしっかり学習にコミットできたなと思います!
ショーヘー
本業がある場合はオンラインじゃないと難しいですよね。
オンライン完結のデイトラなら日本全国どこに住んでいても同じサービスが受けられるので、地方に住んでいてスクールに通いにくい方や本業がある方にもぜひオススメしたいです!

デイトラドローンコースを受講したその後は?

資格取得までの期間や初案件受注に至るまでの流れについて

ショーヘー
次に、デイトラを受講したあとのお話を伺っていきます!
受講後はどれくらいで資格取得できたのかや、どんな流れで案件受注に至ったのか教えてもらえますか?

ドローンパイロットになるためには何が必要?
ドローンパイロットは、国土交通省の認証である「包括飛行許可申請」を受けることが必須。その申請手続きを簡略化できる資格が「UAS Level2技能認証カード」と「10時間飛行履歴証明書」。デイトラドローンコースでは、学科試験と実技試験の試験対策を含めた実践的なカリキュラムを用意しています。

せりぽよさん
私は2021年12月末にデイトラドローンコースを受講し、ドローンパイロット資格はその翌月に取れたので、資格取得までの期間は2〜3週間くらいだったと思います!
その後は、7〜8万円のドローンを購入して飛ばす練習をしていました!
ショーヘー
せりぽよさんは資格取得までのスピード感がかなり早いですね!
ちなみに初案件はどうやって受注されたんでしょうか?
せりぽよさん
初案件はTwitter経由で、不動産会社さんから一戸建て物件の空撮を依頼していただきました。
実は、元々4〜5年くらいお付き合いのあるフォロワーさんがその不動産会社の社長さんで、私がドローンを始めたという旨のツイートを見て「じゃあ空撮お願いできませんか?」と声をかけてくださったんです。

せりぽよさんが制作した戸建て不動産物件のストリートビュー。ほかにも、上空撮影・内観360°ルームツアー撮影動画編集などを請け負っている。

ショーヘー
そうだったんですか!すごいご縁ですね!
せりぽよさんのように、日頃からSNS発信していると仕事に繋がる可能性もあるので、ドローンパイロットを目指している方はぜひTwitterを活用していただきたいですね。
せりぽよさん
そうですね!
あと別件でドローンに関するライティング案件もやっているんですが、そのお仕事を依頼していただいたきっかけもTwitterでした!
クライアントさんがTwitterで「ドローンライター」と検索したら私が1番に出てきたようで、DMからご連絡いただけて仕事に繋がったんです。
ショーヘー
それはすごい!案件受注の窓口は増やしておいて損はないですね。
Twitterは日々の学習記録やアウトプットとしても活用できるのでオススメです!
ではsho-jiさんはどうですか?
sho-jiさん
僕は2022年1月にドローンコースを受講して2月に資格取得しました!
その後は5月に空撮のお仕事をいただけたので、最初にイメージしていたよりも早く収益化できましたが、ドローンで安定して収入を得ていくためには営業の工夫も必要だなと感じました!
ショーヘー
おぉ!順調に進んでいますね!
その空撮案件はどんな経緯で受注されたんでしょうか?
sho-jiさん
僕の兄がフリーランスのカメラマンなのでタッグを組んで案件を受注したんです。
例えば、空撮のご依頼があったら僕が空撮担当として撮影に行くという流れです。
ショーヘー
フリーカメラマンと組んで空撮担当という立場で案件を受注されたんですね!
カメラマン以外にも動画編集者の方と組んで「撮影した映像を編集して納品する」といったことも可能なので、営業が苦手な方はこういった方法も試してみていただきたいですね。

sho-jiさん
そうですね!
実際に、写真業界の方からお話を聞くと「空撮の需要はあるけど撮影できる人がいない」という状況があるようなので、僕たちドローンパイロットが入り込める隙間はもっとあるんだろうなと感じました!
じぇりどさん
僕は2021年12月に商用パイロット資格を取得したんですが、営業活動を始めてからはありがたいことに約1ヶ月ほどで3案件を受注できました。
ショーヘー
それはすごいですね!
案件受注するまでの流れやどんな案件だったのか教えていただけますか?
じぇりどさん
まず僕は自分で撮影した映像を掲載したポートフォリオを作成して、クラウドワークスやココナラなど複数のクラウドソーシングサービスに登録して営業活動を始めました!

ポートフォリオとは?
自分のスキルや経歴、能力などを相手に伝えるための作品集のこと。ドローンパイロットの場合、ドローンを使って撮影した映像が該当する。

じぇりどさん
僕は副業だったので、会社の昼休みに「求人検索で案件を見つけたら応募する」を繰り返していたんですが、そこで受注できた初案件はYouTubeで海外向けに日本の魅力を発信している方から受けた空撮のお仕事でした!
じぇりどさん
そして、2件目は老人ホームの施設の方から「ホームページのトップに載せる動画を撮影して欲しい」と空撮依頼をいただき、3件目はドローンの事業会社さんから施設外観の点検をする仕事を受注しました。

じぇりどさんが撮影した空撮映像。

ショーヘー
短期間で空撮と点検を経験されたんですね!
未経験からのスタートだったとしても、ポートフォリオにドローン空撮の実績や料金、撮影の流れなどをしっかり掲載しておけば、案件受注のチャンスはありますね。

どんな点が評価されて初案件の受注に至った?

ショーヘー
次に、みなさんがドローンパイロットとして案件受注するまでに、どんな点が評価されたのかや、営業で意識していたことがあればぜひ教えてください!
じぇりどさん
僕が2件目にご縁のあった老人ホーム施設のクライアントさんに、なぜ僕を選んでくださったのかを聞いたところ「チャットの返信が早かったこと」と「ポートフォリオに空撮映像が載っていて仕上がりのイメージが分かりやすかったこと」の2つをあげてくださいました。
じぇりどさん
僕は今までに撮影した空撮映像をポートフォリオにまとめて掲載していたので、「こんな風に撮影ができるんだ」と具体的なイメージができて依頼に繋がったようでした!
ショーヘー
なるほど!
たしかに普段ドローンに関わる機会がない方にとっては「どんな風に撮影してくれるのか」「どんな手順で撮影が進むのか」など分からないことだらけだと思うので、判断しようにも難しいところがありますよね。
じぇりどさん
そうなんです。
実案件を経験してみて分かりましたが、一般の方にとってドローンはあまり身近じゃないので「ドローンでどんな映像が撮れるのか」「希望通りの撮影ができるのか」を不安に思っている方はすごく多いと感じました。
じぇりどさん
そのため求人内容がある程度分かっているのであれば、営業や打ち合わせをする際はドローンを飛ばせる場所や仕上がりのイメージについて詳しくお伝えする方が親切だと思います!
ショーヘー
なるほど。
スキルはもちろんのこと、クライアントが不安にならないような説明や早いレス対応など、相手を思いやったコミュニケーションができる人はやっぱり強いですね。
せりぽよさん
私もちょっとした気配りを評価していただけた経験があります。
以前とあるサイトで点検業務に応募したんですが、そこで受注したクライアントさんからは「せりぽよさんだけがメールアドレスや電話番号まで詳しく記載してくれていました」とお話ししてくれました。
せりぽよさん
あと、私はメルカリで23万円で買った本格仕様のドローンを持っているんですが、その機体を持っている人が珍しいとのことでクライアントさんに興味を持っていただけたこともありました!
ショーヘー
おぉ!たしかに本格的な機器を持っていると、その道のプロとしてやっていく覚悟がある方だなと感じるので、熱意が相手にも伝わりそうですよね。

ドローン学習に挫折しないためのコツや工夫していたこと!

ショーヘー
みなさんのお話を聞いていると、デイトラ受講から初案件に辿り着くまでの目安が約3ヶ月だと思うんですが、そこに至るまでに挫折しないコツやみなさんが工夫されていたことがあれば教えてもらえますか?
じぇりどさん
実技が上手くいかなくても、とにかく毎日続けることです。
実技練習に使うトイドローンの操作がすごく難しくて、何度も「うわー全然できない…」って戸惑うんですが、続けていれば操作スティックのコツが掴めるようになるので諦めずにひたすら続けて欲しいです。

トイドローンとは?
200g以下の小型ドローンのこと。デイトラドローンコースでは、実技試験の練習用として3ヶ月間無料でトイドローンを3台貸し出している。

じぇりどさん
僕は疲れた日でも「今日は15分だけでも飛ばして練習するぞ」と決めたら必ず実行して、とにかく継続することを意識していました。
せりぽよさん
練習あるのみですよね。
私はドローンを一定の場所で止める動作がすごく苦手で、練習中は何度も「私ドローン向いてないな…」って落ち込む時もありましたが、そこを乗り越えればなんとかなるので諦めないで欲しいです!
せりぽよさん
そもそも練習用のトイドローンって機体が小さいために飛行を安定させるのが難しいんですよね。
実際に試験会場で使うドローンはもっと大きくて安定しやすい機体なので、トイドローンで繊細な動作ができるようになったのであれば、本番ではかなり余裕で操作できるようになっていると思います!
ショーヘー
ドローンの機体が変わるだけでも操作感覚はかなり変わりますよね。
たしか実技試験で不合格になった場合でも、有料の補修を受けて再チャレンジできるんでしたよね。
せりぽよさん
そうですね!
実は私も一度実技試験を落ちているんですが、試験官に「1ミリ単位でスティックを動かしましょう」とアドバイスをもらってからは操作間隔が腑に落ちて、その後の試験ではスムーズに合格できました。
sho-jiさん
ドローン操作は車の運転と似ていて、頭で考えるよりも身体で理解していく部分が多いので、意識せずとも操縦できるように毎朝の練習は欠かさずにやっていました!
ショーヘー
みなさんすごいですね…!
ドローンの操縦がある程度できるようになってくれば、ラジコン操作みたいな感覚で「楽しい!」と思えるはずなので、まずはひたすら練習して操作感覚を掴めるようになると良いですね。

学習中にやって良かったこと・やっておけば良かったことは?

ドローン学習中にやっておいて良かったこと!

ショーヘー
ではドローンパイロットになった今、みなさんが学習中にやっておいて良かったと思うことはありますか?
じぇりどさん
僕はデイトラの座学をしっかりやっておいて良かったです!
座学ではドローンに関する法律などを学べるんですが、ドローンパイロットが最低限知っておくべき知識が網羅されていましたし、実技を始めていざ飛行場所を探すときなどに役立ちました!
ショーヘー
なるほど!
座学編では商用パイロット資格の学科試験に向けて、航空法や電波法などのドローンに関する知識を学習できるので、仕事を受注するようになってからもぜひ役立てていただきたいですね。
せりぽよさん
私の場合は、ドローンでどんな仕事を受注するのかを先に決めて、そのゴールにたどり着くためには何をしていくべきなのかを逆算して行動していったことが良かったなと思っています!
せりぽよさん
例えば、私はライター業もやっていて「ライティング×ドローン」のスキルを組み合わせて案件受注していたんですが、そのおかげで他のドローンパイロットと差別化しながらライバルの少ない場所で戦えたと思っています。
せりぽよさん
ドローンの仕事といえば空撮をイメージする方が多いと思いますが、その分ライバルも多くてレッドオーシャンなので、自分だからこそ狙える穴場を見つける視点を持つと良いのかなって感じました。
ショーヘー
自分の持っているスキルとの掛け合わせは強いですよね!
ドローンで空撮できる人はたくさんいますが、その中でも自分が持っているスキルを掛け合わせるだけで一気に有利になることもありますから、すでに何らかのスキルを持っている方はぜひ参考にしてもらいたいです。
sho-jiさん
僕もせりぽよさんの意見に納得です!
最初は空撮案件を受注していこうと思っていたんですが、未経験でいきなり自分で営業をしていくのってすごく大変だなと感じて、ドローンと何かを掛け合わせていけないかなと考えるようになったんです。
sho-jiさん
僕の場合はカメラマンや動画制作ができる方とタッグを組んで空撮依頼を受けているんですが、相手にとってもドローンパイロットと組めば仕事の幅が広げられるので双方にメリットがあるんですよね。
sho-jiさん
いきなり人と組むのが難しい方は、まずは実案件を想定しながら自分1人で空撮映像を撮影して実績を作りつつ横の繋がりを広げていけば、興味を持ってくれる方がいるはずです。
ショーヘー
めちゃくちゃ良いお話しですね!
実案件の経験がなくても自分のできることが相手に分かるポートフォリオを用意しておけば、「じゃあこの人に頼んでみようかな」「一緒に仕事したいな」と次に繋がる可能性は大きいと思います!

学習中はどんなことをやっておけば良かった?

ショーヘー
では、反対に「これやっておけば良かったな…」ということはありますか?
せりぽよさん
私が困ったことなんですが、車の免許は持っておいた方が良いです!
都内ではドローンを飛ばせる場所はかなり少ないので、実技の練習をする機会が絶望的に少なかったんです…。
ショーヘー
ドローンパイロットは免許がないとかなり不便ですよね。
実案件でも遠方に行かないといけないシーンも多いですし。
その点、地方は都内に比べると規制が少ないので、練習場所を探しやすいかもしれないですね。
sho-jiさん
僕も屋外練習はもっとやっておけば良かったなと思っています。
室内練習はトイドローンである程度経験できますが、風や周りの状況が少し変わるだけで操作感覚が屋内とかなり変化するので、屋外練習できる場所は早めに見つけておくことをオススメします!
ショーヘー
練習場所はみなさん悩むところですよね。
デイトラドローンコースのコミュニティでは、受講生同士でドローンの飛行練習できる場所なども共有しているので、困ったときはぜひ活用してみてください!

さいごに:これからドローンパイロットを目指す方へ

ショーヘー
では最後に、これからドローンパイロットを目指す方へ向けて応援メッセージやアドバイスを一言いただけますか?
じぇりどさん
ドローンパイロットを目指す方はこれから大変なことも多いかと思いますが、人を楽しませられる素晴らしいお仕事なのでぜひ頑張ってください!
じぇりどさん
実際に僕が空撮のお仕事で老人ホームに訪れた際、おじいちゃんやおばあちゃんが「ドローンを見たのは初めて!すごいね!」と喜んだり楽しんでくれたりしている様子を見てすごく嬉しかったです!
ショーヘー
めっちゃいいエピソードですね!
ドローンはワクワクする要素がたくさん詰まっていますよね!
せりぽよさんはいかがでしょうか?
せりぽよさん
デイトラの受講を迷っているのであれば、私はぜひオススメしたいです。
デイトラドローンコースはなんといってもコスパが良いですし、受講後にSlackの専用コミュニティに入れるんですが、そこではドローンに関する疑問をすぐに解決できる環境があるので安心だと思います!
ショーヘー
そうですね、コスパには自信があります!
せりぽよさん含め、ドローンコースのメンターが受講生さんの疑問に答えたり、受講生同士で情報を共有しあえるので、学習中はもちろん実務に入ってからも心強いと思いますね。
sho-jiさん
僕もデイトラを受講して本当に良かったです。
最初は「完全オンラインで本当にドローンパイロットになれるの?」って少し不安だったんですが、無料で貸していただけるトイドローンでひたすら実技練習すれば資格取得までいけるはずです。
sho-jiさん
僕自身、資格取得まではかなり早いテンポで進んだものの、その後の進路に迷うこともあったんですが、案件受注や方向性に迷った際はデイトラのコミュニティで相談すればみんな優しく教えてくれます。
和気あいあいとした雰囲気なので、ぜひたくさん活用してもらいたいなと思います!
ショーヘー
現役ドローンパイロットと情報共有できる環境はかなり貴重だなと思います!
みなさん、本日は貴重なお話しをありがとうございました!

【PR】未経験からドローンパイロットを目指すなら「デイトラ」がおすすめ!

東京フリーランスでは、未経験でも楽しく学べるオンラインスクール”デイトラ”を運営しています!

デイトラドローンコースは、商用パイロット資格を取るために必要な航空法や電波法などのドローンに関する知識から、操縦技術まで体系的に学習できます。

さらにデイトラドローンコースでは、3ヶ月間無料で小型の軽量ドローンを“3台”貸し出しており、飛行の実技を自宅で練習可能です。完全オンラインで「座学から実技の試験対策まで含んだ実践的なカリキュラム」を受講できるので、わざわざ遠方のスクールに通う必要はありません!

これからドローンの資格を取得したいとお考えの方は、ぜひデイトラドローンコースを受講してみてください!

【Webスキル診断】“一生使えるスキル”を60秒で診断しよう!

CTA-IMAGE 「フリーランスになりたいけど、どんなスキルを身につければいいかわからない」という悩みを解決すべく、東京フリーランスでは【Webスキル診断】をLINEで無料実施中です! Web制作・Webデザイン・アプリ開発・動画編集など「自分に合った理想の働き方は何か」を見極めていただけます。

デイトラカテゴリの最新記事